頭蓋骨について

頭蓋は日常語として一般にズガイと読まれますが、1943年(昭和18年)制定の医学用語、解剖学用語ではトウガイと読むことに定められました。しかし日常語としてのズガイも併用されています。

頭蓋は15種23個の骨、すなわち10種16個の頭蓋骨および5種7個の顔面骨の連結によって形成されています。また頭蓋は5種7個の脳頭蓋(神経頭蓋)および10種16個の顔面頭蓋(内臓頭蓋)にも分類されます。

頭蓋骨(10種16個)を形成する骨は、後頭骨(1個)、蝶形骨(1個)、側頭骨(1対2個)、頭頂骨(1対2個)、前頭骨(1対2個)、篩骨(1個)、下鼻甲介(1対2個)、涙骨(1対2個)、鼻骨(1対2個)、および鋤骨(1個)です。顔面骨(5種7個)を形成する骨は、上顎骨(1対2個)、口蓋骨(1対2個)、頬骨(1対2個)、下顎骨(1個)、および舌骨(1個)です。

頭蓋は頭蓋冠と頭蓋底にわけられますが、頭蓋冠は頭蓋腔を円蓋状におおい、頭蓋底は頭蓋の底部をなし、両者の境界に冠する諸学者の見解は一定していないが、一般には外後頭隆起、上項線、外耳孔上縁、側頭下陵、眼窩上縁、鼻棘をむすぶ環状線をもって境界と定めています。

頭蓋腔を円蓋状におおい、後者は頭蓋の底部を成し、両者の境界に関する諸学者の見解は一定していないが、一般には外後頭隆起、上項線、外耳孔上縁、側頭下陵、眼窩上縁、鼻棘を結ぶ環状線をもって境界と定めている。頭蓋腔の容積は1,200~1,500mlであるが、性差があり、女性は男性より約10%少ない。なお頭蓋腔の大きさは、脳の大きさに密接な関係をもっている。頭蓋の形態は個人差、年齢差、性差などのほかに人種差もあり、これは人類学的に重要な意義をもっている。骨格のうちで最も人種の特徴の差が顕著にあらわれるのは頭蓋であるといわれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です